聖路加国際大学学術センター図書館
 


 

検索ステップガイド

 
入手する

希望する文献がどこにあるかを調べよう

.
 

身近な図書館・OPACで調べる

 

全国の大学図書館や国立国会図書館、東京都立図書館の目録を調べる

 

学外の図書館から複写を取り寄せるには?

  • 申し込む文献の情報を確認する
  • 所蔵を確かめる
  • 「申し込みをする」
  • 受取りはカウンターで
   ★参考文献に記載された情報は間違っていることが少なくありません。
    データベース等で巻号、ページ等の書誌事項を確認してから申し込みましょう。
    【確認のステップ】
    1.データベースにわかっている書誌事項を入れて検索します。
    2. 検索結果に探しているものがあったら、「SLCN-eQuilt」
      (青緑色のアイコン)をクリック
    3. 表示された画面で電子ジャーナル、図書館、ウェブから入手できないかを確認
    4. 3のステップで見つからなかったら「この文献の複写取寄せを依頼する」をクリック
    5. MyLibraryへログインすると、データベースから書誌事項が自動入力されます。.
 

学外の図書館(おもに大学図書館)を利用するには?

  • CiNii Booksなどで、入手したい文献をなるべく多く持っている館を見つける。
  • 所蔵館のロケーション、利用条件を確認する。
  • 図書館カウンターで、学外の図書館への紹介状、事前連絡などの手続きを申し込む。
 

特徴のある専門図書館

  • 国立保健医療科学院図書館
    国や地方自治体の衛生統計年報・報告書、最新巻雑誌、WHOの出版物など所蔵している。  電子図書館  では厚生労働科研報告書の検索と全文の閲覧ができる  厚生労働科学研究成果データベース、 雑誌「保健医療科学」(第51巻1号までは公衆衛生研究)の全文が閲覧できる。  
  • 日本子ども家庭総研データベース
    児童家庭福祉領域、母子保健領域の資料が充実している。厚生労働科学研究(子ども家庭総合研究事業)報告書の全文が入手できるデータベースがある。
  • 女性情報ポータルWinet
    国立女性教育会館が作成・収集した複数の女性情報データベースの横断検索システム。対象は会館で作成した文献情報・施設・女性学科目・ 統計のデータベース、女性情報ホームページ、さらに他機関の公開データベース(「女性と仕事の未来館」や「大阪ドーンセンター」等の図書情報)など。  
  • American Center Japan OPAC
      米国大使館レファレンス資料室の主要コレクションはアメリカに関する学際的な参考資料、政府刊行物、様々な研究機関のレポートなど。 政府刊行物のコレクションは、主として行政機関が発行しているものと、連邦議会資料に重点を置いて収集。
  • JICA図書館 国際協力に関する資料の検索。報告書の一部がPDFで閲覧できます。
  • WHO    国ごとの健康情報(人口、死亡率、医療システム等)
 

文献をコピーする前に:著作権法を知ろう

.
 

著作権とは

 

図書館でのコピー・サービス

  • [資料] その図書館が所蔵する図書、記録
  • [目的] 図書館利用者の調査研究の用に供するもの
  • [複写範囲] その図書資料の一部分(半分以下)ただし、発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個々の著作物についてはその全部のコピーが許される。
  • [部数] 一人につき一部
 

チェックしてみよう

  • 日本で保護されているものか? [No] →利用OK
    [Yes] ↓
  • 保護期間内のものか? [No] →利用OK
    [Yes] ↓
  • 私的使用のためのコピーなど、著作者の許可を得ずに利用できる場合か? [Yes] →利用OK
    [No] ↓
  • 著作権者を調べ利用の許諾を得る(著作権管理団体から許諾を受けられる場合もある) [Yes] →利用OK